医療費控除の手続きをすれば全額返ってくると思ってた。。。

スポンサーリンク

今回の確定申告で「医療費控除」の手続きをしたのですが、完全に勘違いをしてました。。。

というのは、てっきり10万円を超えた分がすべて還付されてくるのかと思いきや、ぜんぜんそんなことはなく、10万円を超えた分について幾分かの還付があるという話でした。ガーン。。。

ということで、満額返ってくるとすっかり思い込んでいた分、ちょっとがっかり、いや、結構がっかりしたので、同じようにがっかりする方が出ないよう、整理しておきたいと思います。

1.医療費控除とは

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

                           (国税庁HPより)

簡単にいうと、「たくさん医療費がかかった場合は、税金を安くしてあげますよ」ということでして、”たくさん医療費がかかった場合”のところについて細かく規定されています。たとえば対象となる医療費というのはどういう費用なのか、とか。

自分の場合、「一定の控除を受けることができる」という知識は持ち合わせていましたが、ここでいう”一定の”というところをまさに勘違いしていました。つまり、”一定の”というのは「10万円以下の医療費は対象外、でも10万円を超過した分は全額返ってきますよ」というふうに勝手に思い込んでしまっていました。完全な都合のいい勘違いです(苦笑)

2.医療費控除で戻ってくる金額

それではいったいいくら戻ってくるのかといいますと、医療費控除の金額(*)に所得税の税率をかけて算出された金額が還付金になります。

(*)  医療費控除額、還付金額の計算方法

  <ステップ1> 医療費の総額を計算

    医療費控除の対象になる医療費

  - 保険金等で補てんされた金額  .

    医療費控除の元になる医療費総額・・・A

  <ステップ2> 免責額を調べる

    自分の総所得が200万円以上の場合は10万円・・・B

    自分の総所得が200万円未満の場合は、総所得額×5%の金額・・・C

  <ステップ3> 医療費の総額(A)から免責額(BかC)をひく

    A-BかCで計算した金額が「医療費控除」の対象金額・・・D

  <ステップ4> 還付金を計算

    これが最後のステップになりますが、Dの金額に所得税率をかけてでた金額が還付金

    D×所得税率=還付金

ということで、残念ながら思ってたほど税金はもどってきませんでしたが、還付金がないよりマシと思うことにして気持ちをおさめることにしました(^^)

スポンサーリンク
ブログランキング

↓ランキングに参加しています。もし良ければポチッとお願いします


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.